イングリッシュ勉強インターネットブログにはそのイングリッシュがいつの国のどの地域の商品なのか記述したほうが親身だと想う

ネットで、全国在住で英会話を勉強する人のために、邦人が発音やカタカナイングリッシュなどに対して解説していらっしゃるインターネットブログをしばしば見ます。 ユーチューブなどでも、イングリッシュ圏の外人が発音に対して演習法をおしえていただける品などもあります。 上述は、邦人がイングリッシュを話す勉強になるので、いいとおもう反面、ちょっとだけボクはジリジリとしてしまう。 というのも、イングリッシュの発音や、通じるイングリッシュはそのイングリッシュ圏のナショナリズムを通じて違うのが普通です。 なので、英者というアメリカンの演説の中におんなじイングリッシュを使いながらも、「そっちどういう定義?」なんて演説がよくあります。 その辺もちゃんと考慮してほしいというのです。 じゃないと邦人はイングリッシュを使うすべてのナショナリズムで自分が習ったことが通用するとしてしまうからだ。 イングリッシュの市民友達ならば、笑い話で済みますが、習ったことが通用しなかった邦人はピクニックポイントで軽々しくパニックになってしまうのではないかと思います。 イングリッシュを告げる者は、「ボクがいるアメリカのこの地域ではこう言います。」とか、「英ではそういったのが一般的です。」などと、地方を限定してくれたほうが細やかです。 今日、読んでボクがひっくり返ったのは、チョコレートのイングリッシュの発音が「チョックリット」、バナナが「ブナーナ」って発音するというくだりを見たご時世だ。 私の英者ってニュージーランド人の個々に言ったら、案の定、胴を抱えて笑っていました。