非毎日チック余りと無数に溢れ返った靴の正体、すべてに絶望した集まりの中での仲間との再会

わたしは自らの両脚を積み上げるようにその場で靴を脱いで住宅の敷居を跨いでいったん後ろへといった向き直り、土埃に塗れた靴下の不衛生を作用両脚叩き合わせるように落とすと、すっかりといった履き古した新型バランスのスニーカーを扉前の困難に立て掛けました。白人女性に促されるとおりわたしは敷居を跨ぎ講堂へって通されていきました。広々とした講堂には、たまたま会合現場かと見損なうほどのにぎわいができていました。集まっている人材は他人同士ではなく、見る限りでは大割り当てが家族のようで、本当にこういう場所に下宿するのはわたしと同じようなまだまだ大人になり切れずにおけるモラトリアムを有する未成年らのようでした。暇を持て余したのか、とっくに両親間で世言明に明け暮れてある両親たちもいました。それよりわたしが気になったのはみなさんという決して同層か、又は年下のティーンズらでした。奴らは誰一人としてひと言も話を発する様子がありません。そのほとんどが負債空気や絶望空気といった何かしらの心の闇を抱え込んでいるように見えました。そうして、そんな中に自ら身を置いているうちに、わたくしもそんなふうになっていくような気がしていました。「あれ。はからずも、A・I?」後方からぶらりと名を呼ばれておそるおそる振り返ると、そこには見知った外見がありました。M・Tでした。