月別アーカイブ: 2017年2月

その容貌を見ていた千紘にお辞儀弥が気付き、ちらっと二人は知り合うことになった

降谷千紘はゾンビマニアのハイスクール一年生。

恋人は今日、家の裏山における廃屋ですテストを試みていた。

それは家で見つけた古臭いシートから、死んでしまった飼い猫のばーぶを生き返らせる薬を設けるはだった。

その深夜もゾンビ写真を片手間に薬を作っているといった、もっと単独の廃屋への来客が現れた。

個人散華夫人学校の一年生で、名門散華家の一人娘・散華お辞儀弥だった。

妻は廃屋の傍にある古井戸にかけて、父親の私に関する売買を始めとした様々な切歯扼腕を吐き出していた。

その容貌を見ていた千紘にお辞儀弥が気付き、ちらっと二人は知り合うことになった。

千紘から死者を蘇らせる薬の最後の毒が思い付かことを聞いたお辞儀弥は、偶発知っていたとある植物の毒を告げる。

最後のテストも非と思い、埋葬されようとしていたばーぶだったが、誠にその亡骸が蘇った。

その同じ日に、お辞儀弥は父親との攻防の末日、歩きを滑らせて崖から転落死してしまう。

ただしおなかを抉られ死んだと思ったお辞儀弥の亡骸は、その場でゆっくりと立ち上がった。

妻もまた、死者を蘇らせる薬を服用していたのだ。

血まみれの笑顔でお辞儀弥は千紘にいう。

「責任取ってくださいね」

はっ取りみつるがおくる、些かやりきれないゾンビっお子さん脚本。